フラット35と民間の住宅ローンのメリット、デメリットを比較すると?

住宅ローンを選ぶときに、民間かそれともフラット35か悩むところである。
なので、その2つのメリット、デメリットを比較してみる。
民間の住宅ローンのメリットは、変動利益が1%はきること。
また、繰り上げ返済や、ポイントなどの企業同士で競争し、新しいサービルがどんどん出てくる。
団信加入は必ず入らなければいけないが、費用はかからない。
さらに、死んだあとのローン返済を免除される。
それと比べてフラット35のメリットは、長期固定金利で民間と比べると安くおさまる。
長期固定なので、金利の上昇の心配もする必要がないということ。
では反対にデメリットを比べてみる。
民間のデメリットは、金利上昇のリスクを伴う可能性があるということ。
さらに、企業の競争で増えたサービスが多すぎるために、選ぶのに苦労するということ。
フラット35のデメリットは、団信に加入する場合は高額の費用がかかり、死亡時にはローンを相続して返済していかなければいけないということになる。