乳酸菌サプリに含まれるラクトフェリンとは?

乳酸菌サプリに含まれるラクトフェリンについて、ここでは考えていきます。
ラクトフェリン、名前を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
ラクトはミルクのことで、フェリンは鉄のことで、ミルクと鉄、そんな意味合いがラクトフェリンにはあるのです。
ラクトフェリンは哺乳類の乳にも含まれていますし、唾液、涙や血液などにも入っています。
一番多く含まれているのはなんと人間が出産直後に出す初乳に多く含まれています。
その量は、牛の初乳の10倍もあって、母乳の中に含まれているたんぱく質の1割から3割といわれていますから、かなり大量のラクトフェリンが含まれています。

ラクトフェリンは多機能たんぱく質になります。
母乳に多く含まれますがそれ以外にも、目、口、鼻といった外部から病原菌が入る入り口になっている場所にも多くいます。
病原菌が増殖するのを防ぐ働きがありますから、細菌、ウイルスから守ってくれるのです。
乳酸菌サプリの中にはラクトフェリンが豊富に入っているものも多数ありますが、それは今紹介したような様々な体への効果が期待できることを示しているわけですね。
乳酸菌サプリを選ぶ際にラクトフェリンが入っているか、どうかチェックして選ぶのもいいでしょう。